2010年06月16日

介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)

 2010年6月8日発足した菅直人内閣の経済政策の方向が見えてきた。一言で言えば、財政再建と経済成長の両立を狙うというもので、そのために社会保障の強化を大きな柱と位置づけている。

 とりあえず新政権への「ご祝儀」もあって、比較的好意的に受け止められているが、日本経済の現状を見ると、その実現は容易ではない。お世辞にも「経済政策通」とはいえない新首相がいかに舵を取るか、注目される。

■「知恵袋」は小野善康・大阪大社会経済研究所長

 菅首相は組閣後の会見で、「社会の閉塞(へいそく)感」が強まっているとの現状認識を示し、「このような日本を根本から立て直して、もっと元気のいい国にしていきたい」と、内閣の使命を定義。そのために、「強い経済と強い財政と強い社会保障を一体として実現すること」を課題として示した。

 菅首相は自身の経済政策を「第3の道」と称する。財政を公共事業につぎ込む田中角栄バリの「第1の道」、小さな政府・規制緩和という小泉純一郎型構造改革の「第2の道」のいずれも否定するのだ。具体的には、「増税で得た財源を使って成長を実現する」というもので、「同じお金の使い方でも雇用と需要に焦点を置く」として、成長分野への重点投資を描く。

 中でも、介護、医療など社会保障への支出を増やして産業として育て、雇用も生むとともに、将来不安を解消して安心してお金を使えるようにする、という一石二鳥の効果も狙っている。

 こうした考え方は、「菅ノミクス」「菅ジアン経済学」などとも称される。その「知恵袋」が2月に菅氏のご指名で内閣府参与に任命された小野善康・大阪大社会経済研究所長だ。

■子ども手当のようなバラマキは埋もれてしまう

 ご本人は「ケインジアン(ケインズ経済学者)」ではないと語るが、現在の日本で有数のケインズ研究者として知られ、失業(働ける人に働く場がないこと)が最大の非効率だとして、不況で民間の経済活動が不活発な時期は税金をとって財政で仕事を作り、雇用を増やせばデフレも改善し、消費も税収もやがて増える、と主張する。

 ただし、所得制限のない子ども手当のようなバラマキは家計のやり繰りに埋もれてしまうから、学用品や学校の設備などに使えば子どもの便益になるとともに関連メーカーや業者に金が回り、雇用も増えると説く。

 菅首相は、国家戦略相として2009年末に「新成長戦略」の基本方針をまとめたが、年明けに財務相に横滑りしてからは、就任早々、「1ドル=90円台半ばが望ましい」と円安誘導発言して「素人ぶり」(エコノミスト評)を発揮、さらに参院予算委員会で子ども手当の経済効果を聞かれて立ち往生したのが「かなりショックだった」(財務省筋)といわれ、以後、経済政策を猛勉強、小野氏からも数度の「講義」を受けたという。

 2月にカナダで開かれた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で、日本の厳しい財政状況を目の当たりにしたことで「明らかに意識が変わった」(財務省幹部)との指摘もある。

 いずれにせよ、最近は財政再建に積極姿勢を見せるようになった。ただ、単純な財政再建論、増税論ではなく、成長戦略などを組み合わせるところがミソ。「元々経済に明るくはないが、勘がいい」(経済官庁幹部)と、霞が関でも財務相就任後の評価は徐々に上昇。

■新聞社説も「財政再建」では比較的好意的

 新内閣発足に合わせた新聞各紙の社説も、「財政再建が歴史的使命」(朝日)、「財政再建で信頼回復を」(毎日)、「景気と財政再建の両立を図れ」(読売)など、いっせいに財政再建の必要を打ち上げたが、菅首相の姿勢を「(財政再建という)使命を理解しているように思われる」(朝日)など、比較的好意的に受け止めている。

 ただし、大きな風呂敷として広げるのはいいが、各論を政策に落とし込むのは簡単ではない。具体的には民主党としての参院選マニフェスト策定と並行して、6月中に「中期財政フレーム」と「財政運営戦略」をとりまとめなければならない。ギリシャ危機を機に、各国財政への市場の視線は厳しく、債務残高がGDPの2倍近いという世界最悪水準の日本は、「今月下旬のG20(20カ国・地域首脳会議)までに財政再建の大きな道筋を示すことが不可避」(国際金融筋)。そこでは、「消費税引き上げに触れないなら、世界には相手にされない」(財務省幹部)。

 8日の会見で菅首相は財政再建について、「党派を超えた議論をする必要が今この時点であるのではないか」と語った。マニフェストに消費税引き上げを書き込む方針といわれる自民党が、菅首相の「誘い」に乗るのかも含め、今後の展開から目が話せない。


■関連記事
菅首相が官邸で初会見 「オープン化」に消極姿勢 : 2010/06/08
「相談して決めること多い」 菅代表歯切れの悪い記者会見 : 2010/06/04
菅直人は平成16人目の首相。じゃあ、これまでだれがいたっけ!  : 2010/06/09
「フィッシュソーセージ」キャラによるスペシャルWebサイトを展開 : 2010/06/09
40代サラリーマンの昼食代 ついに470円まで下落 : 2010/06/09

<北海道知事>急性腹症で入院 15日に退院予定(毎日新聞)
賭博力士「特定情報は公表できない」…相撲協会(読売新聞)
菅政権で日米合意履行=沖縄の負担軽減も重要―岡田外相(時事通信)
参院選60議席目指す=岡田外相(時事通信)
ゼロからの議論はしない=再提出の郵政法案で―原口総務相(時事通信)
posted by 高田のババー at 19:50| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

梅酒用の青梅漬け込み開始 大阪のサントリー工場(産経新聞)

 サントリーの大阪第2工場(大阪市港区)で4日、梅酒の漬け込み作業が始まった。前日に手摘みで収穫されたばかりの青梅約10トンが、蒸留酒の入った大型タンクに漬け込まれた。

 工場では、独特の甘い香りを放つ和歌山産の南高梅が次々とベルトコンベヤーに載せられ、洗浄後にタンクに入れられた。約8カ月漬け込んで梅を取り出した後、さらに熟成。店頭に並ぶのは来年秋以降になる。

 今年は天候不順で南高梅の収穫量は例年の約7割にとどまったが、「大粒、肉厚で華やかな香りがあり、品質は良好」(堤哲雄工場長)という。

 日本洋酒酒造組合によると、梅酒市場は平成16年以降6年連続で伸び、21年の市場規模は16年の約2倍に拡大。サントリーは22年に前年比113%増の約130万ケース(1ケース=720ミリリットル12本換算)の販売を見込んでいる。

【関連記事】
サントリーが広告電通賞
角ハイ、仁丹…販売新戦略「昔の名前」で売れてます
業務用「第3」たる詰め続々投入 “諸刃の剣”も
キリンビバレッジ コーラ飲料市場に参入
ストロングペプシで眠気スッキリ 炭酸、カフェインを増量
「はやぶさ」帰還へ

日本を「劣化」させたくない(産経新聞)
<ナイナイ>岡村さん公演延期 体調不良(毎日新聞)
「4日に後継選出」両院議員総会でと民主党幹部(産経新聞)
<菅首相>妻伸子さん「ご愁傷様かも」(毎日新聞)
石綿訴訟 国控訴で原告団怒り 「地獄に突き落とされた」(産経新聞)
posted by 高田のババー at 22:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

裁判員裁判で初、求刑上回る懲役8年判決(読売新聞)

 強制わいせつ致傷罪に問われた埼玉県朝霞市の男(34)に対する裁判員裁判で、さいたま地裁(伝田喜久裁判長)は19日、検察側求刑(懲役7年)を上回る懲役8年の実刑判決を言い渡した。

 昨年始まった裁判員裁判で、求刑を上回る判決が言い渡されたのは全国で初めて。

私が作った政倫審 出て理解が得られるなら(レスポンス)
石川議員を再聴取=18日、元公設秘書らも−陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
佐川急便元社員3人を逮捕=架空発注で代金請求―警視庁(時事通信)
非正規雇用 「派遣法改正を」若者と女性が集会(毎日新聞)
口蹄疫問題 ネット炎上で赤松農水相に批判(産経新聞)
posted by 高田のババー at 10:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。