2010年01月15日

日韓安保共同宣言「機運高まっている」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は8日午前、首相公邸前で記者団に対し、日韓両国の安全保障分野での協力を強化するための首脳レベルの共同宣言について「これから日韓で協力していこうという機運が高まっている中で出てきた話だ」と述べた。日韓両政府間で検討中であることを示唆した発言だ。

 共同宣言とりまとめが浮上した経緯に関しては「李明博大統領が今年訪日するのを契機に、今までは日韓の間、さまざまな問題があったが、いわゆる感情的な部分が薄れてきた」と説明した。ただ「具体的に行うかどうかも含めて、これから考える」とも語った。

【関連記事】
北朝鮮、韓国の熱い視線に鳩山政権はどう応える
12日にハワイで日米外相会談 米国務省発表
オバマ米大統領、東アジアの核軍拡阻止で協調 米中戦略経済対話
米大物が警告した民主の「反米3点セット」
北核実験、大使級会合で決議案を調整 安保理常任理事国と日韓

元理研研究員らに有罪=背任事件−東京地裁(時事通信)
小中学校「土曜の授業」OK…東京都が指針(読売新聞)
日航CEO、「前向きに検討」=稲盛京セラ名誉会長(時事通信)
<居酒屋発砲>自殺の容疑者「とにかく酒癖悪かった」(毎日新聞)
小沢氏問題で民主激震…首相は強気? 党内に「答えるな」の指示も(産経新聞)
posted by 高田のババー at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。