2010年04月27日

当選祝い…わいろ渡した業者に有罪 宝塚市汚職(産経新聞)

 兵庫県宝塚市の汚職事件で、贈賄罪に問われた経営コンサルタント会社社長、西岡栄太郎被告(70)に対する判決公判が23日、神戸地裁で開かれた。岡田信裁判長は「利欲的かつ自己中心的で市政に混乱を招いたが高齢であることなどくむべき事情もある」などとして懲役1年6月、執行猶予4年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 判決によると、西岡被告は平成18年4月、同市都市整備公社の霊園工事にからみ、元宝塚市議と共謀し、当選直後だった前市長、阪上善秀被告(62)=大阪高裁で公判中=に現金100万円をわいろとして渡した。

 弁護側は「当選祝い金であり、わいろではない」と無罪を主張していたが、岡田裁判長は「金を渡した後に工事の話をするなど、便宜供与を求めていたことは明らか」と退けた。

【関連記事】
宝塚市のキリスト教会でも消火器投げ込まれる
未来のタカラジェンヌ40人 宝塚音楽学校で入学式
両陛下が宝塚の公演ご覧に 陛下は52年ぶり
行方不明だった宝塚の小6、小5の兄弟、無事発見
汚職蔓延のロシア 賄賂平均額が前年比2・5倍
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

北朝鮮にピアノ不正輸出=バイク販売会社を捜索−広島、兵庫両県警(時事通信)
谷垣氏「首相は発言が軽い」 党首討論(産経新聞)
もんじゅ再開「遅滞なく前向きに」=文科、経産相と会談で−福井県知事(時事通信)
留置場から携帯で通話=署員気付かず、少年持ち込む? −三重県警(時事通信)
妊婦のタミフル、副作用調査へ=「新型」死亡ゼロで再検証−学会(時事通信)
posted by 高田のババー at 19:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。